Home作曲家>細川俊夫 ニュース

作曲家

細川俊夫
Toshio Hosokawa
1955.10.23 –



© Kaz ishikawa
2021.01.30一柳慧神奈川芸術文化財団芸術総監督就任20周年記念:Toshi伝説
2021.01.29配信情報(1月29日現在)
2020.12.25配信情報(12月25日現在)
2020.10.30配信情報(10月30日現在)
2020.09.30配信情報(9月30日現在)
2020.09.30注目の演奏会(2020年10月)
2020.08.31配信情報(8月31日現在)
2020.08.31注目の演奏会(2020年9月)
2020.08.31細川俊夫《洪水》世界初演
2020.07.31配信情報(7月31日現在)
2020.06.30配信情報(6月30日現在)
2020.06.01細川俊夫《テクスチュア》、ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールにて世界初演
2020.04.30細川俊夫《渦》第68回尾高賞受賞
2020.02.28注目の演奏会(2020年3月)
2020.02.28細川俊夫《喪失》世界初演
2020.02.01注目の演奏会(2020年2月)
2019.10.31細川俊夫《渦》《パッサージュ》世界初演、《抱擁》《レテの響き》日本初演
2019.09.25細川俊夫《結び》世界初演―ハインツ・ホリガー80歳記念
2019.08.30武生国際音楽祭 2019「新たな時代に ともに拓く創造の地平」
2019.07.31大野セレクションの室内楽―サントリーホール サマーフェスティバル2019
2019.07.18細川俊夫《リート V》世界初演
2019.03.08新国立劇場 細川俊夫《松風》日本初演 第31回ミュージック・ペンクラブ音楽賞受賞
2019.02.28細川俊夫 トンヨン国際音楽祭のテーマ作曲家に
2019.01.07細川俊夫《大鴉》《二人静》など カナダ初演
2018.10.01細川俊夫《祈雨》6人の打楽器奏者のための ストラスブール・パーカッション・グループが初演
2018.09.05細川俊夫が2018年度国際交流基金賞を受賞
2018.09.03武満徹《径》、細川俊夫《エチュード》《雲景》 ベルワルツ&シュミット デュオ・リサイタル 水戸芸術館
2018.08.01サントリーホール サマーフェスティバル2018 テーマ作曲家にイェルク・ヴィトマン
2018.08.01武生国際音楽祭2018 ブラームスから21世紀音楽の新しい地平へ
2018.06.01細川俊夫の新作オペラ《地震・夢》 シュトゥットガルト歌劇場で世界初演
2018.04.02細川俊夫《アラベスク》フルート、ヴィオラ、ハープのための トリオ・トレ・ヴォーチが初演
2018.02.01細川俊夫 演奏会ピックアップ(2月〜3月)
2017.12.28細川俊夫《レテの響き》 パユ、ケラス、ル・サージュのトリオが初演
2017.12.01細川俊夫のオペラ《松風》日本初演  サシャ・ヴァルツ演出
2017.12.01年末年始 注目の日本初演 細川俊夫《嘆き》ほか、ターネジ、バルタカス、ヴィトマン、アダムズ
2017.11.07細川俊夫の新作オペラ《二人静》 パリ、ケルンで初演
2017.09.01ヴェネツィア・ビエンナーレ「細川俊夫ポートレートコンサート」 武生アンサンブル
2017.08.01第28回武生国際音楽祭 ユン、武満、ベリオ、リゲティ、細川らの作品を演奏
2017.08.01サントリー芸術財団サマーフェスティバル2017 ゲオルク・フリードリヒ・ハースを特集
2017.07.07細川俊夫《嘆き》&《夢を織る》 藤村実穂子、ジョナサン・ノット指揮東響 & 準・メルクル指揮PMF
2017.06.05細川俊夫《昇華》チェロとオーケストラのための 2017年エリザベート王妃国際音楽コンクール本選課題曲
2017.06.01細川俊夫《フルス》 アルディッティ弦楽四重奏団と大野和士指揮都響が日本初演
2017.06.01川上統:室内オーケストラのための《樟木》初演 6月16日に広島で
2017.05.26新刊楽譜 細川俊夫《霧のなかで》トランペットとピアノのための
2017.04.04細川俊夫:オルガン協奏曲《抱擁》 クリスチャン・シュミットが世界初演
2017.03.30新刊楽譜 細川俊夫《哀歌》ヴィオラのための 第4回東京国際ヴィオラコンクール本選課題曲
2017.02.01細川俊夫:モノドラマ《大鴉》イタリア初演 杉山洋一指揮、ルカ・ヴェジェッティ演出
2017.01.31児玉桃が細川俊夫《エチュード》をECMからリリース 1月末にフランス初演
2016.12.28細川俊夫《変容》 1月、秋山和慶指揮で日本初演
2016.12.05『細川俊夫 音楽を語る──静寂と音響、影と光』アルテスより出版
2016.12.0212月、注目の演奏会 ― 武満・細川・サニカンドロ
2016.10.04細川俊夫《綾》 ヴェネツィア・ビエンナーレで初演
2016.09.01武生国際音楽祭 2016 ジェルヴァゾーニ作品初演など
2016.09.01新刊楽譜 細川俊夫《エチュード I-VI》ピアノのための
2016.08.01サマーフェスティバル2016
2016.06.03アンサンブル・レゾナンス ✕ 細川俊夫 リコーダー協奏曲《悲しみの河》初演
2016.04.01細川俊夫 独音楽祭で4つの新作 ― フォーレ四重奏団、ムジークファブリークが初演
2016.04.01ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2016 ― 武満徹特集&細川俊夫《循環する海》
2016.01.18細川俊夫インタビュー 新作オペラ《海、静かな海》
2015.12.01細川俊夫 オペラ《海、静かな海》 1月にハンブルクで世界初演
2015.11.05細川俊夫 10x6 還暦記念コンサート
2015.11.05細川俊夫《大鴉》 ナクソスから録音リリース
2015.10.22新刊楽譜:細川俊夫《スペル・ソング ―呪文のうた―》オーボエのための 10月23日発売
2015.10.05細川俊夫《嵐のあとに》 大野和士指揮、東京都交響楽団が世界初演 & 欧州公演 
2015.09.03武生国際音楽祭 2015
2015.08.03サントリー芸術財団 サマーフェスティバル2015:ツィンマーマン|ホリガー|シュトックハウゼン
2015.06.04『HIROSHIMA HAPPY NEW EAR』 細川《旅 VIII》、リゲティ《ミステリー・オヴ・ザ・マカーブル》
2015.05.13細川俊夫《悲歌》 ヴュルツブルク・モーツァルト音楽祭で世界初演
2015.04.08京響と関西フィルが欧州公演 武満・細川作品などを演奏
2015.04.08マルコ・デル・グレコ、東京などでギターリサイタル。武満、細川作品を演奏。
2015.04.03佐治敬三賞に「鈴木俊哉 リコーダー リサイタル 《細川俊夫ポートレイト》」
2015.03.02クラウド・ゲイト『Water Stains on the Wall』欧州公演 細川俊夫の音楽によるダンス作品
2015.01.05細川俊夫 ハープ協奏曲《アイオロス》 フランス初演
2015.01.05細川俊夫のオペラ《リアの物語》 広島で新演出上演
2014.11.06新譜情報|細川俊夫、ウンスク・チン、スティーヴ・ライヒ
2014.10.17スロヴェニアの音楽祭 武満徹ら日本人作曲家を特集「FESTIVAL SLOWIND 2014」
2014.10.10細川俊夫《大鴉》日本初演
2014.10.02細川俊夫《アイオロス》&《フルス》 欧州で2つの世界初演
2014.09.08細川俊夫 各地で初演&特集  《アイオロス》《フルス》《夜の音楽》《3つの天使の歌》ほか
2014.08.18細川俊夫の五重奏&独奏作品集 WERGOからリリース
2014.08.05武生国際音楽祭 2014
2014.06.20細川俊夫《3つの天使の歌》と《3つの日本民謡》初演 サンティアゴ・デ・コンポステーラ『son[UT]opías 2014』
2014.06.02細川俊夫《ヴェネツィアの歌う庭》日本初演
2014.06.02権代敦彦《ユートピア》世界初演 N響『Music Tomorrow 2014』
2014.05.08アルディッティ弦楽四重奏団結成40周年 細川俊夫《遠い小さな河》世界初演
2014.05.01細川俊夫《大鴉》 アメリカ初演
2014.04.03細川俊夫『管弦楽作品集第1集』ナクソスからリリース
2014.03.03『武満徹・細川俊夫|ギター独奏作品集』マルコ・デル・グレコ
2014.02.21細川俊夫《トランペット協奏曲「霧のなかで」》 第62回尾高賞受賞
2014.02.03『細川俊夫 ポートレート』鈴木俊哉 リコーダー・リサイタル
2013.12.27アニヴァーサリー・イヤーを迎える作曲家 2015年
2013.12.25細川俊夫《3つの日本民謡》 ヒリヤード・アンサンブルが世界初演
2013.12.042013年英国作曲家賞 細川俊夫《夢を織る》受賞
2013.11.29細川俊夫 ピアノのための《エチュード》全6曲 児玉桃が日本初演
2013.11.01細川俊夫:ピアノのための《エチュード》全6曲 ルツェルン音楽祭で児玉桃が世界初演
2013.10.01『雲と光』 ネーデルラント室内管弦楽団が細川俊夫を特集
2013.09.04WERGOから新リリース 細川俊夫の弦楽四重奏作品 & ヘンツェの交響作品
2013.09.04細川俊夫《トリオ》世界初演
2013.09.04細川俊夫《古代の声》日本初演 アンサンブル・ウィーン=ベルリン
2013.08.01サントリーホール国際作曲委嘱シリーズ テーマ作曲家〈細川俊夫〉
2013.08.01武生国際音楽祭2013
2013.07.09ザルツブルク音楽祭 細川俊夫:ソプラノとオーケストラのための《嘆き》世界初演ほか
2013.07.01細川俊夫《開花 II》 準・メルクル指揮で日本初演
2013.06.26マンフレート・アイヒャー来日講演『ECM 〜 響きの考古学 – A Cultural Archeology』
2013.06.04細川俊夫《旅 X -野ざらし-》田嶋直士が日本初演
2013.05.01細川俊夫のオペラ《松風》新演出でアメリカ初演
2013.04.26細川俊夫《遠い声》ディオティマ弦楽四重奏団が世界初演
2013.03.04錬肉工房公演『オイディプス』音楽は細川俊夫
2013.03.01細川俊夫 ― 新作と再演予定2013
2013.03.01細川俊夫《巫女》世界初演
2013.02.04細川俊夫《エチュード II》世界初演
2013.01.22細川俊夫:オペラ《松風》再演と、《夢を織る》イギリス初演
2012.12.14インタヴュー『細川俊夫、音楽を語る』
2012.12.11NEOSから細川俊夫の作品集リリース
2012.11.02細川俊夫が紫綬褒章を受章
2012.10.09細川俊夫:オラトリオ《ヒロシマ・声なき声》カンブルラン指揮✕読響
2012.08.31武生国際音楽祭2012 9月2日から開催
2012.08.22「ジョン・ケージ/音の旅人」細川俊夫出演
2012.07.31サントリーホール国際作曲委嘱シリーズ 〈細川俊夫セレクション〉
2012.07.18細川俊夫 バイエルン芸術アカデミーの新会員に選出
2012.07.17『ペトルーシュカ・プロジェクト』公式サイトオープン
2012.06.08NHK-FM『現代の音楽』でコンポージアム2012『細川俊夫の音楽』
2012.06.01細川俊夫のモノドラマ《大鴉》ルクセンブルクにて舞台初演
2012.06.01細川俊夫とシュパーラーの対談集、ドイツのWolke社より発刊
2012.05.07細川俊夫インタヴュー『レコード芸術』5月号
2012.05.07公開講座《細川俊夫の音楽》国立音楽大学
2012.05.01世界初演:細川俊夫《哀歌―東日本大震災の犠牲者に捧げる―》
2012.05.01コンポージアム2012ー細川俊夫を迎えてー
2012.04.13【新刊楽譜】細川俊夫《時の花 ―オリヴィエ・メシアンへのオマージュ―》発売
2012.03.16細川俊夫《大鴉―メゾ・ソプラノと12の奏者のためのモノドラマ》世界初演
2011.11.30ECMから細川俊夫作品集『ランドスケープス』が発売
2011.11.18細川俊夫《ホルン協奏曲 ―開花の時―》が、サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団によってついに日本初演!
2011.10.17動画と写真で観る、ビエイト演出《班女》
2011.09.30ホルン協奏曲「開花の時」を語る ―「PIPERS」に細川俊夫のインタヴューが掲載
2011.09.28ビエイト新演出、細川俊夫《班女》がドイツで上演
2011.09.28細川俊夫《ホルン協奏曲 ―開花の時―》9月30日にNHK-FMで放送
2011.08.25細川俊夫《エチュード I ―2つの線―》ブゾーニ国際ピアノコンクールで世界初演
2011.08.11細川俊夫《開花 II》エディンバラ国際フェスティバルで世界初演
2011.07.12細川俊夫 オペラ《松風》ベルリン公演 7月15日から
2011.05.12細川俊夫《松風》世界初演大きな成功 5月31日からポーランドで上演
2011.03.29細川俊夫のオペラ《松風》モネ劇場で5月に世界初演 
2011.03.09細川俊夫《班女》 モネ劇場で再演 
2011.01.13細川俊夫の新作《ホルン協奏曲 −開花の時−》ラトル/ベルリン・フィルが世界初演
2011.01.07フランツ・ウェルザー=メスト/クリーヴランド管 細川《夢を織る》再演
2010.12.13細川俊夫のフルート作品集 ナクソスからリリース
2010.12.13ハイビジョン特集「熱情と静寂のオペラ〜指揮者・大野和士の挑戦」12月17日に再放送
2010.11.19クラウド・ゲイト・ダンス・シアターが細川作品で新作ダンス
2010.10.26細川俊夫《星のない夜》ドレスデン聖母教会で11月に再演
2010.09.29細川俊夫《星のない夜》 ケント・ナガノ、マーラー・チェンバー・オーケストラが世界初演
2010.06.30アヴァンティ!サマー・サウンズ・フェスティバルで一柳慧を特集
2010.05.27細川俊夫 世界初演情報(2010-2011)
2010.05.18新刊案内 細川俊夫《息の歌》
2010.05.18新刊案内 細川俊夫《原像、開花、書(カリグラフィー)ほか》
2010.05.07細川俊夫の新作《夢を織る》 8月にルツェルン音楽祭で世界初演
2009.10.08細川俊夫と「広島の新しい耳」
2009.09.11細川俊夫《2つの日本民謡、ゲジーネ》楽譜新刊
2009.07.31イタリアの2つの音楽祭で武満徹、細川俊夫を特集
2009.07.28細川俊夫 オペラ《班女》日本初演
2009.07.22細川俊夫《沈黙の海》東京藝大オケが東京とベルリンで演奏
2009.05.22細川俊夫の新着CD
2009.05.22ライプツィヒ・バッハ音楽祭で細川俊夫の新作《旅Ⅹ -野ざらし-》世界初演
2009.03.04細川俊夫《ウィンター・バード、悲歌》新刊
2009.02.19ザルツブルク・ビエンナーレで細川俊夫特集
2009.01.15武満徹《トゥリー・ライン》《群島S.》細川俊夫《旅V》 アスコ|シェーンベルクが1月29日にアムステルダムで演奏
2008.12.05細川俊夫《時の花 -オリヴィエ・メシアンへのオマージュ-》12月12日に東京で日本初演
2008.11.2111月29日にミュンヘンのピナコテーク・デア・モデルネで細川俊夫個展
2008.11.17細川俊夫のCD イタリアのレーベルStradivariusから発売
2008.09.02細川俊夫がロシュ・コミッションを受賞
2008.08.06細川俊夫《ヒロシマ・声なき声》8月29日にラインガウ音楽祭で演奏
2008.06.26細川俊夫編曲の《2つの日本民謡》6月27, 28日にドイツで世界初演
2008.06.03細川俊夫が2012年の武満徹作曲賞審査員に決定
2008.05.23新刊案内 細川俊夫《月夜の蓮 —モーツァルトへのオマージュ—》、権代敦彦《ジャペータ —葬送の音楽 Ⅰ—》
2008.05.19細川俊夫《月夜の蓮》 水戸室内管弦楽団が水戸とヨーロッパ5都市で再演
2008.03.13細川俊夫《班女》リヨン公演続報
2008.03.05細川俊夫 サントリー音楽賞受賞
2008.03.03権代敦彦《木はやはりなにも言わない》 細川俊夫《想起》 塚越慎子が3月9日に演奏
2008.02.26細川俊夫《旅IX-目覚め-》2月28, 29日にフィンランド初演
2008.01.30細川俊夫《リートⅡ》ラ・フォル・ジュルネ音楽祭で世界初演
2008.01.11細川俊夫《班女》3月にフランス国立リヨン歌劇場で上演
2008.01.11細川俊夫《月夜の蓮》1月31日にアメリカ初演
2007.10.26細川俊夫《書(カリグラフィー)》世界初演
2007.10.26細川俊夫《循環する海》日本初演およびCD発売
2007.09.27細川俊夫《ダンス・イマジネール》10月22日に東京で世界初演
2007.09.11細川俊夫《旅IX -目覚め-》世界初演
2007.08.289月10日、広島で細川俊夫の個展開催
2007.08.15新刊楽譜 細川俊夫《リート》フルートとピアノのための
2007.08.15武生国際音楽祭 8月26日から開催
2007.06.08「木村かをりとアンサンブルの世界'07」
湯浅、一柳、細川作品を演奏
2007.06.01セイコーエプソンから武満徹、細川俊夫作品収録CD発売
2007.05.29新刊楽譜
《ア・ストリング・アラウンド・オータム(ヴィオラ+ピアノ)》
《ヴィオラ編曲作品集》
2007.04.13細川俊夫オペラ《班女》ドイツで再演
2007.04.13細川俊夫《ヒロシマ・声なき声》
ドイツで再演
2007.02.27細川俊夫 《開花》世界初演、《空の風景》ドイツ初演
2006.12.22細川俊夫 2007年1月の予定
2006.12.08細川俊夫《旅VIII》日本初演
2006.11.21細川俊夫《月夜の蓮》日本初演
2006.09.14細川俊夫、ベルリン高等研究所に招聘
2006.08.21武生国際音楽祭2006
9月2日から開催
2006.07.20細川俊夫がPMF2006のレジデント・コンポーザーに
2006.06.27サントル・アカント現代音楽講習会
細川俊夫が招待作曲家に
2006.05.08細川俊夫《旅VIII》
5月27日にケルンで世界初演
2006.04.28細川俊夫《循環する海》
BBCプロムスでイギリス初演決定
2006.04.20細川俊夫の新作
《蓮の花 −ロベルト・シューマンへのオマージュ−》世界初演
2006.03.13細川俊夫《月夜の蓮 -モーツァルトへのオマージュ-》
4月に世界初演