Loading

Home>ニュース

ニュース

RSS Twitter Facebook

新刊楽譜 武満徹/沼尻竜典《MI・YO・TA》混声合唱のための

2017年 2月20日付

photo: Schott Music Co. Ltd., Tokyo


武満徹作曲、沼尻竜典編曲、谷川俊太郎作詞による混声合唱のための《MIYOTA》が、ショット・ミュージックの新刊楽譜として2月20日に発売された。音楽之友社から2007年に発行された出版物をもとに、今回の出版を機に、沼尻により一部改訂されたものだ。

1950年代、若き日の武満が《MI・YO・TA》のメロディーを書いたのは、黛敏郎のもとで映画音楽のアシスタントをしていた時期だった。映画には使われなかったが、この魅力的な旋律を憶えていた黛は、96年2月29日、武満の告別式の場でこれを歌った。その後、石川セリのCD制作の際、谷川俊太郎による詩を得て、翌年に発表されたアルバム[DENON COCY-80459]に《MIYOTA》として収録された(*1)。以来、広く知られる武満の歌の1つとなっている。タイトルは、武満の別荘があった長野県の御代田町から取られた。

沼尻編曲による混声合唱版の初演は、武満の6回目の命日にあたる2002年2月20日、東京混声合唱団の第183回定期演奏会において行われた。この編曲では、冒頭とエンディングに武満の初期の代表作《弦楽のためのレクイエム》のエコーが微かに聴こえるような趣向が凝らされている。楽譜は『NEW 東京混声合唱団愛唱曲集 武満徹・林光・湯浅譲二 作品集』(音楽之友社/2007年)として出版された。

今回の出版では、編曲者によって和声に僅かな改訂が施されたほか(*2)、《死んだ男の残したものは》(谷川俊太郎・詞)や《明日ハ晴レカナ、曇リカナ》(武満徹・詞)を含むほとんどの武満作品で、歌詞の英訳を手がけているエラ・ルイーズ・ラトリッジ氏による訳詞を新たに掲載している。

(*1)編曲:服部隆之、歌:石川セリ、演奏:本間正史、豊嶋泰嗣、藤原真理、篠﨑史子、高良久美子、斎藤順
(*2)6小節目のテノール、55-56小節目のバス


sj1190.jpg

武満徹/沼尻竜典
MI・YO・TA
混声合唱のための

詞:谷川俊太郎
対訳:エラ・ルイーズ・ラトリッジ(英語)

SJ 1190
合唱譜・12ページ・菊倍判
ISMN:M-65001-271-3
JAN:1923073005002

オンラインショップ