Loading

Home作曲家細川俊夫作品情報上演作品一覧>班女

作曲家

細川俊夫
Toshio Hosokawa
1955.10.23 –



© Kaz ishikawa

班女
Hanjo

班女(2003-04)Hanjo

オペラ(1幕)
リブレット: 原作: 三島由紀夫『班女』(『近代能楽集』より) 英訳: ドナルド・キーン オペラ台本: 細川俊夫
登場人物: 花子(ソプラノ) 実子(メゾソプラノ) 吉雄(バリトン)
編成: 1 (also picc & b.fl). 1 (also E.hn). 1 (also b.cl). 1 (also c.bsn) − 1. 1. 1. 0 − 2perc (b.dr/4tom-t/4bongos/vibr/marimb/cym.ant/t.bells/tam-t/4trgl/4Japanese wind Glocken/4rins on timp) − harp, celesta − strings
演奏時間: 80分
委嘱: エクサンプロヴァンス音楽祭2004
初演: 2004年7月8, 10, 12, 14, 16, 17, 19, 20, 23, 25日 − エクサンプロヴァンス音楽祭2004、エクサンプロヴァンス − インゲラ・ボーリン/ゾフィー・カルトホイザー(花子) リッリ・パーシキヴィ/フレドリカ・ブリレンブルク(実子) ウィリアム・デイズリー(吉雄) アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル演出、モネ劇場室内管弦楽団、大野和士(7月8, 10, 12, 14, 16, 17, 19, 20日)/ジョルジュ=エリー・オクトール(7月23, 25日)指揮
出版社: ショット・ミュージック 演奏用楽譜: レンタル




Hanjo - La Monnaie 2004 © Johan Jacobs

物語の背景

芸者花子は吉雄と契りを結び、再会を誓い互いに扇を交換して別れた。その後吉雄が花子の前に姿を現すことはなかった。老嬢実子は、吉雄を待ち続けて狂女となった花子を落籍して自宅で囲っている。

あらすじ

狂女花子が、扇を手に、来る日も来る日も駅で吉雄を待っている。その花子の奇行が新聞沙汰となってしまう。記事を読んだ実子は、それがいずれ吉雄の目にとまり、二人が再会してしまうのではないかとおそれる。世間から花子を遠ざけるため、実子は花子を旅行に誘うが、花子は聞く耳をもたない。新聞記事をみた吉雄が扇をもって実子の家を訪れる。実子の妨害にもかかわらず吉雄は花子と再会する。しかし、吉雄を見た花子はその男が吉雄ではないという。

上演履歴

初演: 2004年7月8, 10, 12, 14, 16, 17, 19, 20, 23, 25日 − エクサンプロヴァンス音楽祭2004、ジュ・ドゥ・ポム劇場(エクサンプロヴァンス、フランス) − インゲラ・ボーリン/ゾフィー・カルトホイザー(花子) リッリ・パーシキヴィ/フレドリカ・ブリレンブルク(実子) ウィリアム・デイズリー(吉雄) アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル演出、モネ劇場室内管弦楽団、大野和士(7月8, 10, 12, 14, 16, 17, 19, 20日)/ジョルジュ=エリー・オクトール(7月23, 25日)指揮

2004年9月7,8,9,10,11,12日 − モネ劇場(ブリュッセル、ベルギー) − インゲラ・ボーリン(花子) リッリ・パーシキヴィ/フレドリカ・ブリレンブルク(実子) ウィリアム・デイズリー(吉雄) アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル演出、モネ劇場室内管弦楽団、大野和士(9月7,8,9,12日)/ジョルジュ=エリー・オクトール(9月10,11日)指揮

2005年8月6日 − カンプナーゲル(ハンブルク、ドイツ) − ゾフィー・カルトホイザー(花子) リッリ・パーシキヴィ(実子) ヤーロン・ヴィントミュラー(吉雄) ルカ・ヴェジェッティ演出、ムジークファブリック、大野和士指揮

2005年12月16、18日 − ポルトガル国立歌劇場(リスボン、ポルトガル) − ゾフィー・カルトホイザー(花子) フレドリカ・ブルンブルク(実子) ルイ・ロドリゲス(吉雄) アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル演出、ポルトガル交響楽団、ホアン・パウロ・サントス指揮

2007年5月12, 22, 27日、6月3, 6, 13日 − ビーレフェルト歌劇場(ビーレフェルト、ドイツ) −  Victoria Granlund(花子)Lien Hageman(実子)Peter Schone(吉雄)パトリック・シマンスキ演出、ビーレフェルト歌劇場管弦楽団、ケヴィン・ジョン・エデュセイ指揮

2008年3月5, 9, 12, 14日 − フランス国立リヨン歌劇場(リヨン、フランス) − クレア・デボノ(花子)、フレドリカ・ブリレンブルク(実子)、アンドリュー・シュレーダー(吉雄)アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル演出、フランス国立リヨン歌劇場管弦楽団、ヨハネス・デビュスの指揮

2009年8月21, 23, 26日 − サントリーホール(東京)− 半田美和子(花子)− フレドリカ・ブリレンブルク(実子)− 小森輝彦(吉雄)、ルカ・ヴェジェッティ演出、東京シンフォニエッタ、ヨハネス・デビュス

2009年9月14日 テアトロ・アストラ(トリノ、イタリア)、9月15日 ミラノ・ピッコロ・テアトロ(ミラノ、イタリア)− 半田美和子(花子)− フレドリカ・ブリレンブルク(実子)− 小森輝彦(吉雄)、ルカ・ヴェジェッティ演出、ムジーク・ファブリック、ヨハネス・デビュス指揮

2011年4月10, 12, 13, 15, 16日 − モネ劇場(ベルギー) − インゲラ・ボーリン/ゾフィー・カルトホイザー(花子) リッリ・パーシキヴィ/フレドリカ・ブリレンブルク(実子) ウィリアム・デイズリー(吉雄) アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル演出、モネ劇場室内管弦楽団、コーエン・ケッセルス指揮

2011年4月27日, 5月8日 − Het Muziektheater(アムステルダム、オランダ) − インゲラ・ボーリン/ゾフィー・カルトホイザー(花子) リッリ・パーシキヴィ/フレドリカ・ブリレンブルク(実子) ウィリアム・デイズリー(吉雄) アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル演出、モネ劇場室内管弦楽団、コーエン・ケッセルス指揮

2011年9月29日, 10月1, 3, 5, 7, 8日 − ルール・トリエンナーレ − Landschaftspark Duisburg-Nord(デュイスブルク, ドイツ) − シェシュティン・アヴェモ (花子) ウルズラ・ヘッセ・フォン・デン・シュタイネン(実子) ゲオルク・ニグル(吉雄) カリスト・ビエイト演出、ムジーク・ファブリーク、ゲイリー・ウォーカー指揮

2012年1月20, 22日 − アステールプラザ(広島)− 半田美和子(花子)− 藤井美雪(実子)− 小島克正(吉雄)、平田オリザ演出、広島交響楽団、川瀬賢太郎指揮