Loading

Home>ニュース

ニュース

RSS Twitter Facebook

新刊楽譜 鈴木優人《アポカリプシス ii》ヴォーカル・アンサンブルのための

2017年 6月 2日付

© Marco Borggreve


鈴木優人作曲、ヴォーカル・アンサンブルのための《アポカリプシス ii》の演奏用楽譜が、ショット・ミュージックの新刊として発売された。

アポカリプシス ii Apokalypsis ii》は、声楽アンサンブル「セッテ・ヴォーチ」とヴァイマル・クラシック財団の共同委嘱により、8人の無伴奏混声アンサンブル(SATB各2人)のために作曲され、2006年11月24日にドイツのヴァイマルで行われた「メロス・ロゴス 5」において、ペーター・コーイ指揮セッテ・ヴォーチによって初演が行われた。

ラテン語訳聖書(ヴルガータ)より、『ヨハネの黙示録』6章1〜17節と8章1節がテクストとして用いられ、子羊が7つの封印を開く場面が歌われる。曲は、第1から第4の封印と、第5から第7の封印とで、大きく2つの部分に分けられているが、全編を通して演奏されることが想定されている。演奏時間14分。


SJ1209_Apokalypsis_ii_cover_H1.jpg

鈴木優人
アポカリプシス ii
ヴォーカル・アンサンブルのための

Masato Suzuki: Apokalypsis ii for vocal ensemble

SATB各2人・ラテン語

合唱譜
菊倍判/36ページ
SJ 1209
ISBN: 978-4-89066-513-6
ISMN: M-65001-275-1
JAN: 1923073027004

オンラインショップへ